手しごと日記:植物の活用方法を考える

畑で育てている植物を、染色以外にも生かせなたらいいなと思い、押し花にしてみました。押し花と言えば、おばあちゃんを思い出します。よく雑草や野草を押し花にして送ってくれました。それを学校の自由研究にして、さも自分が作ったかの…

Read More

手しごと日記:暖簾の生地さがし

暖簾(のれん)とは、古くは禅寺で冬季のすきま風を防ぐのに用いたもの。暖簾は夏のイメージですが、漢字では「暖かいすだれ」と書くので不思議に思っていたのですが、冬に使っていたものだったんですね。「暖簾に腕押し」なんていうこと…

Read More

手しごと日記:Zero Waste Sewing

梅雨らしい日々が続きますね。洗濯物も部屋干しが多くなってきました。あの、生乾きのニオイの季節です。我が家の洗濯洗剤は、100%生分解する「海へ...(がんこ本舗)」という洗剤を使っています。でも野良仕事で汗をたくさんかい…

Read More

手しごと日記:野良着のサルッパカマ

畑で身につける作業服をいつか作りたいなと思っていました。暮らしの手帖に作り方が載っていた会津・喜多方地方の野良着「サルッパカマ」。なんだか難しそうだなと数年先延ばしにしていました。ワークマンプラスで買った作業用ズボンはだ…

Read More

手しごと日記:ピンク色に染める

※こちらのサーモンピンクのストールは、minneスタッフが心をつかまれた作品を紹介するminne'sセレクトで掲載していただきました。シュクコキルトのオンラインショップと価格や特典が異なりますので、ご注意ください。 何度…

Read More

手しごと日記:ミシンが壊れた話③

navigate_next ミシンが壊れた話②はこちら ミシンが壊れてから4日目、ベルニナから届いた返事はこうだった。 フットコントローラーの修理はできるけれど、スイス本国での修理の依頼が殺到していて、修理開始が3ヶ月後…

Read More

手しごと日記:ミシンが壊れた話②

navigate_next ミシンが壊れた話①はこちら ベルニナ側からの連絡を待つ間、職業用ミシンについて調べてみることにした。職業用ミシンとは、簡単に言うと直線縫いだけのミシン。パワーがあり、縫い目が美しい…

Read More

手しごと日記:ミシンが壊れた話①

2021年4月5日16時頃、私の相棒のベルニナミシンが動かなくなった。フットコントローラーを踏み込んでも針が進まない。時々ダダダッと動き、また止まる、、を繰り返し完全に動かなくなった。ぷちパニック状態になり、販売店に問い…

Read More

手しごと日記:ていねいに染める

ストールは1日に4枚を目安に染めています。それは、干し場やガス台、鍋の数などの物理的な理由もあるのですが、ていねいに染めることを心がけると4枚がちょうど良いのです。それ以上染めようとすると、染めムラが出てしまったり、結果…

Read More

手しごと日記:キルトと私と。

私がキルト制作を始めたのは、1冊の雑誌がきっかけです。2007年12月号の暮しの手帖に、「アフリカン・アメリカン・キルトの世界」という、アメリカ南部に暮らすアフリカ系の女性たちが作ったキルトを見た時に、ビビッと来たのです…

Read More

Posts navigation